Fraud

Dark Social: ネット宇宙は暗黒物質で占められている

「ダークソーシャル」という言葉を耳にしたことがありませんか?

2015 年には「スターウォーズ」の続編が公開されますが、決して、悪の帝国が作った SNS ではありません。

EC 用語という訳でもありませんが、ネットマーケティングで度々取り上げられるようになりました。では、「陽の当たらないソーシャル(メディア)」とは何なのでしょう。

  • Facebook じゃない
  • Twitter じゃない
  • Instagram じゃない

そういうことです。上に掲げた有名な SNS には「光が当たっていて目に見える」のです。目に見えることを、単純に「よく知られている」と理解してもいいでしょう。

ただし、正確には「トラッキングができないソーシャルメディア」を意味しています。Google Analytics でどこから来たのか分からないということです。今日ですと “Direct” (昔の “no referrer”)が相当します。

これまでは、メルマガ、ブックマーク、URL 直打ちが “Direct” でした。でも、LINE はどうでしょう。様々な(Facebook Messenger を含む)インスタント・メッセンジャー・アプリでシェアされていたとしても、それらは把握しきれていません。だから「陽の当たらないソーシャル = Dark Social」なのです。

Facebook でいいのか?

Dark Social 69%

シェア(人間同士の繋がりを通じて共有する)という行為の内、ダークソーシャルが約 70% を占めています。2年前、別な調査では 56.5% でした。これが Facebook の株価にも影響していると言われています。最強の媒体ではあるけれど、支配的な媒体どころかマジョリティでさえないのですから。

結論として、「Facebook だけやっていれば大丈夫というものではありませんよ」ということです。あなたの潜在顧客は、むしろ他のところにより多くいるのです。ネットの世界は、計り知れない広がりを見せているという理解が第一です。

旧来 SEO の手練手管(外部施策)が通用しなくなったのと同様、ソーシャルも本質こそが勝因です。コーポレイトサイトをお持ちの方はその在り方を、なくても EC 本店があるのであればその在り方を、それぞれ位置付けと対応を見直す時期に来ています。

インフォマークスは、みなさんの商材だけでなく、商売のこだわりさえ発信するお手伝いをします。「コンテンツはあるんだけど、どう表現していいのか分からない」という方はご相談ください。発信の基盤作りと、周知化の支援をいたします。雌雄を決するのは、商材の中身と付加価値です。そして、それらは発信しなければ、存在しないことと同じです。

例えばこんなサービスも提供しています。
販促支援『ビタミンEC』 > デザイン制作
販促支援『ビタミンEC』 > ECリスティング

ページトップへ ▲

このページに関してのお問い合わせはこちら