ネット通販サイトの構築と販促支援のインフォマークス

よくあるご質問

ココだけでは語り尽くせない「答え」がたくさんあります

今すぐお問い合わせください。

このページに関してのお問い合わせはこちら

まずは下調べしたい方に FAQ

インフォマークスと「Make it! EC」って
Q1. 「Make it! EC」の、他の EC パッケージと比べた強みは何ですか?
Q2. インフォマークスは販売プロモーションも支援してくれますか?
Q3. 「Make it! EC」に、他の ASP やオープンソースのカートと違いはありますか?
Q4. 「Make it! EC」のコンセプトの裏付けとなる、具体的な仕組みがあるのですか?
Q5. 本業に集中したいので、システムに関して任せてもいいですか?
やりたいことはできるの
Q6. 総合ショッピングモールへの出店で何か問題がありますか?
Q7. 店舗の数だけ作業が増えることになるのではなく、多店舗展開ができますか?
Q8. うちだけの為にカスタマイズはしてくれますか?
Q9. 基幹システムとデータ連係はできますか?
Q10. 消費者向けではなく、B2B (法人向けの卸・仕入)サイトを構築できますか?

お答えします。

Q1. ?「Make it! EC」の、他の EC パッケージと比べた強みは何ですか?
A1. ?「Maek it! EC」はエンジニアだけで作ったパッケージではありません。店長と広告業界人とエンジニア」が三位一体となって作った、いえ、今もこれからも作っていくソリューションなのです。ですから、お客様のいい意味のわがままも掬い上げ、一味違うものになっています。それが競争力や独自性のある大手 EC 事業者に受け容れられ、気が付けば十余年。これまでに蓄積してきた大手のノウハウを、これから成長できる EC 事業者にも享受していただけるのが一番です。
Q2. インフォマークスは販売プロモーションも支援してくれますか?
A2. 喜んで。EC サイトは作ったからといって売れる訳ではありません。また、広告代理店に頼んで媒体からアクセスだけ集めるのと、売るためのプロモーションも違います。サイトへの「集客」、サイト内での「接客」、購入者への「追客」と言った一連のマーケティング施策とその検証、そして PDCA サイクル化が必要です。”A1” にも述べたとおり、実際の現場に立った店長と、それを支援した広告業界人が、一定期間醸成して初めて成功することを経験しています。そして、売上の伸びるネットショップ作りをするエンジニアがいます。
Q3. 「Make it! EC」に、他の ASP やオープンソースのカートと違いはありますか?
A3. はい。ASP やオープンソースのカートでは、スケール(多くのテナント数)とベスト・プラクティス(それらに最大公約数的に共通する、あるいは多数決原理的に決まる一番いいやり方)を追求する宿命にあります。「Make it! EC」の大きな違いは、EC 事業者一社一社の販売モデルを活かします。そうしないと、差別化ができず、競争力を損なうからです。十年前とは変わりました。昔はネットに出品すれば売れました。先達の模倣をすれば稼げました。今は競争が激化し、同じやり方では成功できません。「Make it! EC」はユーザの成功を目的にし、一緒に成長していくソリューションなのです。
Q4. 「Make it! EC」のコンセプトの裏付けとなる、具体的な仕組みがあるのですか?
A4. 「成長」「差別化」といったコンセプトを裏付けるのはモジュール志向開発です。プログラムの塊を用意して、要望に合わせた組み合わせを行います。これによって、大きく三つのメリットがあります。いずれも、長いシステム・ライフタイムを叶え、TCO (導入から寿命を全うするまでに掛かる費用の総額)を節約し、収益を強化します。

  • 【Extensibility: 機能の拡張】 コアをリプレースすることなく機能が拡張できます。つまり、私たちの訴える『リニューアル不要』なシステムです。
  • 【Performance: 高い費用対性能】 オールインワン・パッケージだと、使わないプログラムも内在するので、快適に稼働させるためには強力なマシンを必要としがちです。「Make it! EC」なら、必要なモジュールだけで構成されますので、フロムスクラッチ開発と同レベルの性能が発揮できます。
  • 【Quality: リーズナブルな納期と品質】 整然としたモジュール志向アーキテクチャと、過去のプログラム資産の活用で、コスト・パフォーマンスに優れた品質と納期が実現できます。いわゆる「スパゲッティ・コード」も回避されますので、保守性にも優れます。
Q5. 本業に集中したいので、システムに関して任せてもいいですか?
A5. お任せください。ソフトウェア(カート・システム)だけでなく、デザイン・制作からサーバの選定と運用監視まで、包括的にお手伝いします。また、周辺に雑多な作業も必要です。サーバの構築、ドメイン取得、電子証明書取得、決済などの各種外部連携サービスとのインタフェースなどもサポートします。安心して開業してください。リニューアルの機会には、インフォマークスへ周辺業務をアウトソーシングして、コア・コンピタンスへの集中を図ってください。
Q6. 総合ショッピングモールへの出店で何か問題がありますか?
A6. 否定するどころか、基本的にはむしろ「多店舗展開」をお薦めします。ただし、総合ショッピングモールというのは「駅前支店」です。自社の「本店」を持つことには意味があります。多くの場合、モールは成長の足掛かりに最適です。それでも、泥沼の安売り競争にはまり込んで利益が出なかったり、リピータが定着しないし、定着してもらうためのアプローチもできなかったりします。一概には言えませんが、年商1億円を目指すなら本店を構えましょう。本店ならプロモーション施策の PDCA を定量的に行うことができます。そこでされた仮説検証を支店でも実行するのが、モールでも成功する秘訣です。
Q7. 店舗の数だけ作業が増えることになるのではなく、多店舗展開ができますか?
A7. 実店舗だと店の数だけ店長や店員が必要になりますが、ネットショップなら工夫次第で効率よく運用できます。例えば陳列。実店舗ではそれぞれに箱を開けて、棚に置く作業が発生します。ネットなら同時に出品できます。例えば在庫。実店舗ではそれぞれの棚下やバックヤードにストックしていますが、ネットなら店間移動することもなくシェアをして、仮に最後の一つでさえどのショップでも売ることができます。「Make it! EC」なら、その管理画面に楽天市場などの受注も取り込んで、まとめて管理することができるのです。
Q8. うちだけの為にカスタマイズはしてくれますか?
A8. はい。常に考えるのは、お客様のビジネスが成功して、ご一緒に成長させていただくことです。その条件の一つが独自の販売モデルであるならば、それを活かすためのカスタマイズは必須条件だと考えています。どんなことでも、まずはご遠慮なくお問い合わせください。
Q9. 基幹システムとデータ連係はできますか?
A9. できます。やっています。ただし、デ・ファクト・スタンダードと呼べるインタフェースはありません。また、各社にはそれぞれにスタッフの関わる運用とい うものがあります。百社あれば百通りのやり方があるということです。インフォマークスでは全体最適を重要視し。基幹システムとのデータ連係を前提に考えて いますので。カスタマイズもまた前提でお話を伺わせていただきます。
Q10. 消費者向けではなく、B2B (法人向けの卸・仕入)サイトを構築できますか?
A10. はい。「Make it! EC」では B2B 版のパッケージもラインアップしています。顧客 DB の法人対応、与信管理、売掛管理などの機能を用意しています。詳しくは「Make it! EC for B2B」をご参照ください。

ページトップへ ▲

このページに関してのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5367-1030 受付時間 10:00~19:00(土・日・祝日除く)

ページトップへ
Copyright © INFOMARKS Corporation. All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.