ネット通販サイトの構築と販促支援のインフォマークス

物流・ささげ

「ネットなら横になっていても儲かる」神話は幻です

『コストを抑えたいから、自分でできることは自分でする』 — キャッシュフローを考えるのは、経営者として当然です。しかしながら、事業を成長させるための仕事は、以下のように山盛りです。

  • 仕入れ先との交渉
  • 日々の出品・受注・発注
  • メルマガの発行
  • 広告の最適化
  • ホームページや店長ブログの更新
  • 中でも、遅滞の許されないのが『商品の発送』

「ネットなら横になっていても儲かる」神話は、もとより幻なのです。優先すべき山盛りの仕事に向き合った上で、「なぜ、アウトソーシングするのか」を考えてみましょう。

確かに、規模が大きくなったら考えようという、スタートアップ EC 事業者は多く見受けられます。商材や客単価によりますが、月商50万円なら大抵問題ないでしょう。月商100万円ならどうでしょう。ちょっと厳しい。そんな時、「そうだ、作業を手伝ってくれる人を雇おう」と考え始めます。でも、それこそが落とし穴なのです。

実際、未熟な人材の育成や、それゆえのクレーム対応といった、予想以上の重い負担が突然現れます。人を増やしたはずなのに、現場は火の車になります。そして、経営者や店長は大切な『売上と利益の向上』にフォーカスできず、月商100万円の壁にぶつかります。あなたが欲する年収さえ捻り出せません。結果、疲弊だけして閉店に向かってしまったという例も、時折耳にする話です。

3PL がネットショップを救う

物流を競争力にする amazon に、物流で勝てますか?
あなたのショップの『強み』は何ですか?

「街の電器屋さん」や「街の洋品店」がすっかり姿を消しました。ネット通販においても変わりありません。まず年商1億円から、さらにその先を目指すなら、ポイントは商品企画です。よい商品をリーズナブルに仕入れ、買い物客に知ってもらうことです。

売上規模だけではありません。リアルでも専門店なら遠方から買い物客がやってきます。ネットなら尚更です。それなら尚のこと、よい商品を仕入れ、買い物客に知ってもらうことが重要です。

3PL(物流代行事業者)を活用すれば、『売上と利益の向上』にフォーカスできます。どこまで委託するかの最適解は、あなたのビジネス・モデル次第です。まずは、インフォマークスにご相談ください。
3PL

このページに関してのお問い合わせはこちら

肝は「WMS 連係」と「管理画面の共有」

Make it! EC なら、WMS(倉庫管理システム)とデータ連係します。出荷指示の自動/手動処理はもちろんのこと、出荷完了通知メールの自動/手動送信まで可能です。連係をさせないと業務の効率は一向に改善されません。受注・決済から出荷まで一貫してこそ「フルフィルメント」といえます。amazon の提供する FBA (Fulfillment by Amazon) なら、そこまでできますよね。

物流代行事業者と管理画面を共有する必要も、委託の範囲によって生まれます。その場合に障壁となるのが多店舗展開です。実店舗なら、管理画面がバラバラなんてありえないことですが。ショッピングモールの管理画面を使わず、サードパーティの一元管理ツールを使える場合がありますが、アクセス権限の設定と運用に難のあるケースがあります。本店バックオフィス管理画面でモールの受注データも一元管理し、安全かつ適切なアクセス権限設定のできることが理想です。

「ささげ」とは

撮影、採寸、原稿の頭文字をとったのが「ささげ」です。出品に欠かせない作業であり、出品しないことには受注もできないので、一刻も早く行うことが収益に直結します。まさに “Time is money” です。

「物流代行 Plus」あるいは「フルフィルメント Plus」とでも言い換えましょうか。倉庫で行う意味はとても大きいのです。なぜなら、販売には入荷が必要であり、入荷後にカメラマンと調整して出向いてきてもらったり、商品をスタジオに送ったりするのは、貴重な時間の損失です。ささげ業務までアウトソーシングすれば、入庫・検品の作業に引き続いて、その場で行うことができます。

  • すぐに出品できる
  • 商品を送る必要がない
  • 無駄なコストがかからない
  • 在庫回転率が向上する

特に悩み深い「撮影」の課題も解消

昨今のネット通販において、商品画像の持つ訴求力は日に日に増しています。まだまだ低い日本の EC 化率を引き上げる、ネット通販市場を拡大させる、一番の鍵です。理由は、非婚化・高齢化、スマホやタブレットの普及と移動中など PC から離れた購買行動、ストレージの低廉化とネットワーク帯域幅の拡大など、私たちのライフスタイルとインターネット環境の変化です。

撮影の腕を磨くことは大切ですが、商品数が増えると手に負えなくなりますので、ささげ業務の中でも最もプロの技が光る「撮影」を、然るべき人材に依頼することは必然です。あなたが、プロのカメラマンを目指すのでない限り。

一方、EC 事業者がネット通販のプロフェッショナルであるように、カメラマンも撮影のプロフェッショナルです。時には、互いの矜持が摩擦を生むこともあります。それでも妥協は禁物です。販売する人が自信を持てない商品画像では、買い物客に訴求しません。成果物に妥協せず、段取りを委託するのも方法です。

  • カメラマンとの折衝もお任せ
  • スタジオ設備投資の必要がない
  • 第三者の意見も採り入れて、A/B テストを行う
  • 360°画像が、商材によって強烈な訴求となる

360°商品画像「まわるんです」のパワフルさはご理解いただけているものとして、製品ではなく、撮影サービスとしてご提供している物流事業者もいらっしゃいます。私たちがご紹介します。

ページトップへ ▲

このページに関してのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5367-1030 受付時間 10:00~19:00(土・日・祝日除く)

ABテスタ

楽天市場でA/Bテストができます! 商品画像A/Bテスト&自動選択ツールで売上アップ!!

検索フォーム

facebook

ページトップへ
Copyright © INFOMARKS Corporation. All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.