ネット通販サイトの構築と販促支援のインフォマークス

アクセス解析

EC には EC のアクセス解析

ビッグデータ時代に、ますます脚光を集めるアクセス解析。ネット・マーケティングにおけるパフォーマンスを最適化するためには、定量的な分析が欠かせません。中でも、EC の領域では雌雄を決する重大な機能となっています

ただし、アクセス解析は奥が深いうえに、販売モデルに応じた様々な知見の蓄積も必要とします。つまり、単に解析ツールを導入すればよいというものでもなく、事業者自らが経験を重ねることと、第三者の助力も検討するなど、成長フェーズに合わせて進化・深化させていくことをご提案します。

まずは、サイト「訪問」の量と質から把握し期間評価を行いましょう。しかし、これはウェブサイトに共通する基礎レベルであり、ネットショップの場合は「来店」あるいは「集客」という観点に「購買」を加えなければ意味がありません。ネットショップ固有の第一歩は広告の効果「測定」になります。

さらに、アクセス・ログを解析して、サイト内動線やコンバージョンの向上という「アクション」に繋げていくことが肝要です。ゴールは売上と利益を最大化することですが、そのためのアクションを導き出せなければ実現はできません。

では、アクションに繋がるアクセス解析へのステップアップには、どんな課題があるのでしょうか。

来店者を「個客」として捉えること

古典的、あるいは汎用アクセス解析では、ページビュー、セッション数、直帰率、離脱率の高いページなど、「ページ」だけに着目してきました。これでは、店の入口を何人が通過したかをカチカチと盲目的にカウントする、まるで路上の交通量調査アルバイトのようなものです。

「誰が」どの商品ページをよく見にきているが、「誰が」どのような経路で購入し、「誰が」どこで購入にまで至らないのかを知るようにしましょう。お客様の店内の動線を観察・改善しなければ、売りたい商品を手に取ってもらえません。店舗の内装に自己満足しているだけでは売れません。お客様の満足を探りましょう。

「個客」として捉えれば、さらに、お客様の LTV(ライフタイムバリュー、生涯価値)を考えることができます。リアルな接客なら、一見客と常連客を識別して応対するのも当たり前のことです。単一セッション内のアクセス解析にとどまらず、「長いお付き合い」を大切にしましょう。

次世代では、インタレストグラフ(interest graph)の概念も活用されていくでしょう。

解析とアクションを一体で考えること

例えば、店長がメルマガを送ったり、あるいは広告媒体としてのメール配信を利用されている方が少なくありません。これを、サイト内で特定の行動をとった人に即したメールを送れば、効果には大きな差が開きます。リターゲティングの仕組みと連携できたらどうでしょう。これらが一段上のアクセス解析です。

私たちは、アクセス解析が「運用」にしかなっていない例をいくつか見てきました。事業者の使命や責任は、数字を知ることではなく、事業を成長させるアクションを起こすことなのです。

EC に役立つ代表的ツール

Google Analytics

スタートアップの方にお薦め。無料で簡単。基本的な分析の理解から始めるには最適。

SiteCatalyst(サイトカタリスト)

弊社のお客様でも、大手中堅を中心に多くご利用されています。リニューアルの際には、Google Analytics より高度な解析のできるツールも検討してみてはいかがですか。

全世界で実績 No.1 だそうです。その名のとおり、サイトの触媒、つまり「(自身は変化しないが)サイトの反応を促進させるもの」ということです。EC サイトに限定されることなく、広範に適用可能なデジタル・マーケティング・ツールです。洗練されたダッシュボードなど、画像などのクリエイティブ分野で圧倒的な存在感を示す、アドビらしい仕上がりです。

これまでの二大選択肢に対する比較表

SiteCatalyst Google Analytics
  • 設定が複雑
  • IT技術者が必要
  • パーソナライゼーションが必要
  • トラッキングコードの実装が必要
  • 基本はタグだけで始められる
  • 比較的簡単
  • 稼働まで数週間から月単位
  • 基本だけなら1日
  • 高価
  • 無料(月間500万PV以下)
  • 強力なデータ収集
  • シンプルなデータ収集
  • AdWords統合には、SearchCenter(有償)
  • AdWordsと統合
  • 任意の定量分析が可能
  • デフォルトの定量分析のみ
  • サードパーティ製品とのデータ連係可
  • 24時間サポート
  • Googleからのサポートはなし
  • データの所有権はユーザ
  • データの所有権がGoogle(コンプライアンス注意)

Coremetrics(コアメトリクス)

EC に強い!

特徴を一言で表せば、「EC に強い」アクセス解析ツールです。

なぜ、EC に強いのかというと、データ収集方法が違います。LIVE Profile という仕組み(Coremetrics のデータウェアハウス)が強烈にパワフルで、Cookie だけでなく、例えばログイン時や購入時に「Registration ID」を発行し、仮にデバイスが異なっても、過去に遡って「個客」として把握します。様々な履歴などが紐付けされて追えるので、セッションを超えた間接効果を含めたアトリビューション(貢献度)分析や、LTV を意識した解析が可能になりました。

新規訪問から優良顧客に至る成長過程を段階別に追跡し、EC サイト訪問者の成長段階をセグメント化します。LifeCycle では、各段階においてステップアップを促す効果的なマーケティング施策やコンテンツを可視化することができます。また、LIVEmail によるメール配信ツールとの連携や、AdTarget によるディスプレイ広告ネットワークなどとの連携により、ターゲット顧客(オーディエンス)に対してパーソナライズ化されたメッセージを届け、マーケティングのパフォーマンスが最適化できます。

ページトップへ ▲

このページに関してのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5367-1030 受付時間 10:00~19:00(土・日・祝日除く)

ABテスタ

楽天市場でA/Bテストができます! 商品画像A/Bテスト&自動選択ツールで売上アップ!!

検索フォーム

facebook

ページトップへ
Copyright © INFOMARKS Corporation. All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.