そんな貴方に tips です。

Playbackスマホでも解像度の高い動画が撮れるようになり、EC での活用が増えてきました。「動画で売上アップ」とググれば、たくさんの記事が見つかるでしょう。海外の動画マーケティングでは、Zappos が CVR を 30% 増加、返品率も 24% 減少させたなどという事例もありました。

ただ、自社サーバでは当初その為のサイジングをしていないことが多く、ストリーミングには負荷が高過ぎます。そんな時、便利なのが YouTube。アップロードも簡単だし、メルマガやショップサイトにリンクを挿入しておけば OK。

しかし、折角 HD で撮影しても、自動再生する動画の画質がよろしくない。やっぱり、商品をキレイに見てもらいたい。どうしたらいいの?

ええ、苦労しましたとも。

いろいろ調べてもなかなかうまく行かなかったので、同類のウェブマスターさんと共有します。

まず、YouTube の仕様は気紛れなので、あくまで今日(2014年8月21日)時点での小さな成功体験であることをお断りしておきます。明日は知らないので、未来の貴方が叶わなくても怒らないでね。

次に、様々な環境に依存するようで、謎は解明できていません。あくまでトライ&エラーの奮戦記ということでご理解ください。最後まで読んでいただかなくても解決できる人は多いはず。

では、はじめましょう。今回、題材にするのはこの動画。はい、クリック!

https://www.youtube.com/watch?v=kQS1Ez8syOM

ブラウザにもよりますが、殆どの人は 360p で再生されたはず。お世辞にもきれいとは言えませんね。でも、本当はもっときれいなのです。

360p

歯車アイコンをクリックして確認してください。144p/240p/360p/480p/720p/1080p の各解像度が選択できます。オリジナルが 1080p ですので、こちらを選択していただければ相応にきれいに見えます。

ちなみに、一般に(無理矢理紐付けるならば)解像度は以下のような目安だと言われています。もはやノスタルジアになってしまったアナログ放送ですが、残念な感じがお分かりいただけるでしょう。

VHS ビデオ 240
地上アナログ放送 360
DVD 480
BD 1080

よし、BD 品質で見てもらおう!

そう願う気持ちは、制作側に均しくあるでしょう。それも視聴者の手を煩わせずに。そう思い立ってググるといくつかの記事が見つかります。その内容をご紹介しましょう。

URL にパラメータを埋め込みます。同じ動画を例にご案内します。とはいっても、うまく行かなかった例ですので、ご自分の動画で試してください。なお、”kQS1Ez8syOM” 部分は動画に固有で振られる ID ですので、適宜書き換えてください。

https://www.youtube.com/watch?v=kQS1Ez8syOM&hd=1

これが、HD で再生させるパラメータです。うまく行ったあなたには「おめでとう」を言いたい。ただし、そんなあなたにも、歯車部分に「HD」の文字が見えて、画像もきれいになってうれしいけど、要チェックです。

解像度の選択が 720p になっているはず。これは放送の歴史です。ケーブルテレビで先行した米国では 720p = HD として(元々は欧州規格ですが)いち早く定着しました。同時期、ハイビジョン放送の開発に躍起になっていた日本や、その後ディジタル放送や BD が普及する段では、1080p が主流になっていきます。今でも、「HD」対応として買った民生用の小画面テレビは 720p の性能しかありません。大画面テレビの「フル HD」というのが 1080p です。

話は戻って、ネクスト・ステップ。

https://www.youtube.com/watch?v=kQS1Ez8syOM&vq=hd1080

これこそが、ナンチャッテ HD ではなく、フル HD での再生パラメータです。成功したあなたは今日の運勢に恵まれたのでしょう。無事、ご卒業です。でも、未来の為にもう一歩。

https://www.youtube.com/watch?v=kQS1Ez8syOM&vq=highres

これが、最高画質で再生させるパラメータです。YouTube では既に 4K にも対応していますので、オリジナルにその画質があれば、4K で再生できるはず。残念ながら、私自身は 4K 素材を試していないのですが。

さて、私と同じ不幸な星の下に生まれたあなただけは、この先を読み進めて、さらにトライ&エラーを続けましょう。

https://www.youtube.com/watch_popup?v=kQS1Ez8syOM&vq=hd1080

ポップアップにすれば成功するという事例が報告されています。いかがでしたか?

確かに大きなサイズで表示されますね。けれども、私の場合は 360p が 480p になっただけでした。

奮闘は続きます。そして、ついに発見しました。

https://www.youtube.com/v/kQS1Ez8syOM&vq=hd1080

この形式なら、1080p で再生されました(涙)。

1080p

最後にもうひと頑張り。

https://www.youtube.com/v/kQS1Ez8syOM&autoplay=1&vq=hd1080

オート再生のパラメータを追加します。パチパチ。

(余談)

ちなみに、埋め込みの方が、確実に動作するようです。そちらでお悩みの方は、申し訳ありませんがググってください。

最後に、個人的なオチですが、私自身は Firefox プラグインを入れておりまして、強制的に HD で再生するように設定しています。買物客にこんな作業を強いるのはナンセンスですが、参考までにご紹介しておきます。

YouTube High Definition
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/youtube-high-definition/

では、YouTube で楽しく豊かな動画マーケティングを。

YouTube